和太鼓 鎮座しました。

  • 2014.11.07 Friday
  • 22:28












大迫力と風格


折れ戸完成!!

  • 2014.10.27 Monday
  • 12:36
最後の仕事、折れ戸取り付け作業状況。
扉を起こすことすら、クレーン頼み。
1枚の重量が140キロ程あります。











「阿蘇の鼓楼」 完成間近

  • 2014.10.17 Friday
  • 20:38
長い梅雨みたいな夏も忘れそうな、気持ち良い秋晴れが続いてます。

阿蘇の現場も、壁の漆喰仕上げ、床の天然石張り、照明設置も終わり、

残すは扉工事のみになりました。

夕暮れに照明の具合をみに行きました。

良い感じに仕上がってきました。







































大工工事から左官工事へ

  • 2014.10.04 Saturday
  • 18:41
























腰壁・屋根工事

  • 2014.09.20 Saturday
  • 21:04















宝珠の台座。






宝珠据付完了。


屋根葺き完了。




鼓楼の天井 完成!!

  • 2014.09.16 Tuesday
  • 21:57
長〜い梅雨が終わったみたいで、仕事もはかどっています。









完成予想図に近くなりました。




腰壁も平行して進んでいます。

綺麗な反りを持つ屋根。

  • 2014.09.04 Thursday
  • 21:30
立秋も過ぎ、朝晩秋らしさを増す 阿蘇地方。

    木々に囲まれた現場は、鈴虫 蜩(ひぐらし)の 大合唱。

猛暑日も無く、仕事しやすい気温の中 着々と進めてまいりました。  

               雨の日が多いのは困りましたが・・・。






















        現在、格天井と外部腰壁 準備中。

棟上げ後の屋根じまい

  • 2014.08.22 Friday
  • 14:31
化粧タルキ打ち。 


木負取り付け。


梅雨みたいな天候の中、シートで養生しての作業。


軒先の化粧タルキをもう一段打ち、茅負、裏甲を取りつけます。


仮に取り付けた母屋を、いったん外し 軒先の荷重を持たせるための はね木 を取り付けます。


上空より


真上から


この後、いったん外した母屋を再び取り付けます。


はね木は、全てボルトで固定し(調整可能)、軒先の垂れを補正する事が出来ます。


雨続きの現場の様子です。

いよいよ、建前 棟上げ!!

  • 2014.08.14 Thursday
  • 17:14
棟上げ当日、朝靄の中阿蘇に向かいます。  
中央奥 阿蘇烏帽子 杵島 往生岳 




先日までに準備した骨組みを、クレーンを使い組み込みます。








ひのきのタイコ梁材







特大の角木






反りを綺麗に見せるため、住宅より狭い間隔で母屋を入れてあります。


正面から


下から 見上げると


上空から 見ると


完成予想図


正面立面図  この中に 日本一かもしれない和太鼓が入る予定。


いよいよ、明日から建前!!

  • 2014.08.12 Tuesday
  • 12:44
台風が通り過ぎても変な天気で、阿蘇乙姫では 午前中の気温が22℃でした。

立秋も過ぎ涼しさも感じます。  このまま秋に近ずくのでしょうか。



建前準備作業






明日から気合入れて立ち上げます。

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM