タイコ梁も 手刻みで

  • 2016.12.21 Wednesday
  • 12:39
  

6メートルあるタイコ梁。
039.JPG



基本杉材ですが、向こうにあるのは松材。
040.JPG



刻み終えたタイコ梁。
041.JPG




013.JPG



柱に檜材使用。
038.JPG




野地板  檜材  天然乾燥中。
014.JPG




たまに息抜き

027.JPG





028.JPG




030.JPG




035.JPG












手刻みの家、加工始めました。

  • 2016.11.02 Wednesday
  • 18:40
  
震災前より注文を受けていた物件が、

応急修理等により今になってしまいました。

まだ手付かずの修理や、瓦屋根の葺き替え 修理等ありますが、

新築工事も進めていきたいと思います。



この物件は、3世代 4人住まい  平屋建て瓦葺きです。




005.JPG




003.JPG




002.JPG


完成間近の住宅。

  • 2016.10.03 Monday
  • 19:11
熊本地震発生から半年余り  夢を見ているかのような半年間

混乱した日々から復興に向けて、少しずつ歩みだした故郷

弊社工場が益城町にある為、見慣れた風景の変化を肌で感じます。

これから数年間は、こんな状況が続くんでしょう。



なかなかアップする機会がなくご無沙汰でした。


これから少しずつご紹介出来たらいいなと思っております。





先日、引き渡しを終えた新築住宅。
025.JPG



029.JPG



027.JPG




028.JPG



倉庫兼車庫を作りました。    3000坪の敷地の一角に建築しました。
006.JPG



001.JPG



011.JPG




先々週の山行   市房山
057.JPG



046.JPG





035.JPG



041.JPG


西原村の一の峯
102.JPG



098.JPG

熊本地震後の工事再開。

  • 2016.06.19 Sunday
  • 20:04
未曾有の被害となった熊本地震から2カ月余りが過ぎ、

少しずつですが、復旧復興が進んできました。

弊社が携わった建物にも少なからず被害がでました。

益城町や熊本市東部、震源地や断層に近い程被害が大きく、地盤の強度、築年数、階高、

屋根の工法でも被害に差がでました。

今回の災害を教訓によりよい住宅建築に努力してまいります。

被害に遭われた方々の、一日でも早く日常に戻れるようお祈り申し上げます。




中断していた新築工事 再開しました!!


015.JPG



016.JPG



018.JPG
続きを読む >>

ケヤキの一枚板の床張り。

  • 2016.04.08 Friday
  • 20:48
ケヤキの一枚板  

長さ 5メートル  幅 420ミリ  厚み 30ミリを床材として張りました。


001.JPG




003.JPG




004.JPG




010.JPG




011.JPG




013.JPG


015.JPG



016.JPG





snow peak太宰府店のショウケース作り。

  • 2016.04.03 Sunday
  • 08:39




snow peak 大宰府店のリスタートに伴い店舗内のショウケース作りです。

でかいショウケースというよりジャングルジムという感じです。

上から見ると snowpeak のロゴマークの形。


まずは原寸大の図板からスタート。
これは合掌部分の部材。
001.JPG



作業途中は企業秘密。
仮組みします。
006.JPG




004.JPG




008.JPG




そして、店舗内  こうなりました。  
照明に照らされていい感じです。
001.JPG





002.JPG





004.JPG





003.JPG





005.JPG









床暖房工事

  • 2016.04.01 Friday
  • 12:51

LDKに床暖房の工事です。

PTC電気式床暖房システム  シートタイプで 床材の下に敷き込みます。

全部で14枚の設置。



018.JPG



017.JPG



電気配線は床下を通りコントローラースイッチへ。
016.JPG



床張りが終わって、食器棚を据え付ける準備中。
019.JPG

杉板の腰壁工事

  • 2016.03.29 Tuesday
  • 21:19


ホールの腰壁工事です。

ベニヤ下地に木工ボンドで接着していきます。

色が揃うように、一本の木から取った材料で美しいです。



026.JPG


025.JPG



029.JPG



028.JPG


027.JPG

楠の床材と楠の上り框

  • 2016.03.27 Sunday
  • 19:28
勝手口側ホールの床工事です。

クスノキの無垢フローリング材。

上り框もクスノキの無垢材です。

床張り作業中は、クスノキの香りが家じゅうに漂います。

014.JPG


015.JPG


018.JPG


019.JPG

これが伝統工法の証。

  • 2016.03.04 Friday
  • 17:55
熊本で一般的に言う「さし口」

差し鴨居長ホゾ込み栓打ち  

いかに正確に、精密に作業するかでも その強度に影響してきます。

精密に作れば 作るほど 美しくも見えてきます。




036.JPG


046.JPG


014.JPG


015.JPG


047.JPG

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM