ケヤキの一枚板の床張り。

  • 2016.04.08 Friday
  • 20:48
ケヤキの一枚板  

長さ 5メートル  幅 420ミリ  厚み 30ミリを床材として張りました。


001.JPG




003.JPG




004.JPG




010.JPG




011.JPG




013.JPG


015.JPG



016.JPG





snow peak太宰府店のショウケース作り。

  • 2016.04.03 Sunday
  • 08:39




snow peak 大宰府店のリスタートに伴い店舗内のショウケース作りです。

でかいショウケースというよりジャングルジムという感じです。

上から見ると snowpeak のロゴマークの形。


まずは原寸大の図板からスタート。
これは合掌部分の部材。
001.JPG



作業途中は企業秘密。
仮組みします。
006.JPG




004.JPG




008.JPG




そして、店舗内  こうなりました。  
照明に照らされていい感じです。
001.JPG





002.JPG





004.JPG





003.JPG





005.JPG









床暖房工事

  • 2016.04.01 Friday
  • 12:51

LDKに床暖房の工事です。

PTC電気式床暖房システム  シートタイプで 床材の下に敷き込みます。

全部で14枚の設置。



018.JPG



017.JPG



電気配線は床下を通りコントローラースイッチへ。
016.JPG



床張りが終わって、食器棚を据え付ける準備中。
019.JPG

杉板の腰壁工事

  • 2016.03.29 Tuesday
  • 21:19


ホールの腰壁工事です。

ベニヤ下地に木工ボンドで接着していきます。

色が揃うように、一本の木から取った材料で美しいです。



026.JPG


025.JPG



029.JPG



028.JPG


027.JPG

楠の床材と楠の上り框

  • 2016.03.27 Sunday
  • 19:28
勝手口側ホールの床工事です。

クスノキの無垢フローリング材。

上り框もクスノキの無垢材です。

床張り作業中は、クスノキの香りが家じゅうに漂います。

014.JPG


015.JPG


018.JPG


019.JPG

これが伝統工法の証。

  • 2016.03.04 Friday
  • 17:55
熊本で一般的に言う「さし口」

差し鴨居長ホゾ込み栓打ち  

いかに正確に、精密に作業するかでも その強度に影響してきます。

精密に作れば 作るほど 美しくも見えてきます。




036.JPG


046.JPG


014.JPG


015.JPG


047.JPG

玄関の天井工事。 無垢板と竹の網代組天井。

  • 2016.03.04 Friday
  • 17:43
玄関の広さは土間を含めて6帖弱。
天井高は低めに設定し、落ち着きをもたせます。

まずは廻り縁の取り付けから。
054.JPG



土間部分の天井は竹の網代組です。
京都の銘木店に特注。
055.JPG



天井板に使用する杉板。  畳一枚分の広さ。
058.JPG



056.JPG



057.JPG



008.JPG



009.JPG


ここには照明が入ります。  
011.JPG



012.JPG


013.JPG


016.JPG

無垢材でトイレ工事。

  • 2016.03.01 Tuesday
  • 20:47
右側に女子トイレ  左に男子トイレ  手前左に手洗いを作ります。
入口は片引き戸にし、部屋を広く見せる為天井を続かせ 
鴨居上の壁は透けて見えるよう工夫します。
001.JPG



天井材は杉の大木を原木市などで仕入れ一定期間天然乾燥させます。
後に製材所に持ち込み 厚み150ミリ程度の板木に製材します。
一旦持ち帰り屋内にて数年自然乾燥させるとともに出番を待ちます。
使用個所が決まれば板木を製材所に持ち込み、
今度は 厚み15ミリにスライスします。
工場にて 長さ、厚み、幅 を動力木工機械で加工、
場合によっては、超仕上げ ペーパー仕上げ ワイヤーブラシで浮づくり仕上げとします。
その後、天井の裏地材(骨組)をパネル化し無垢板と接着一体化します。
最後に油やロウでウエス仕上げする場合もあります。
003.JPG


床材は楠の無垢材。
こちらも天井板と同様に幾つもの工程作業をふみ、
最後に木工加工専門店にて、本実加工と超仕上げ。
どちらも材料が乾燥している事は、絶対条件となります。
018.JPG


作業していて足触りが気持ちいい・・・
私たちは靴下を履いててもわかります。
004.JPG


腰壁には松の柾目を縦張りしました。
本来 床用ですが腰壁にも使用できます。
006.JPG


女子トイレには、収納を設けました。
天板に松板使用。
024.JPG



006.JPG




008.JPG






瓦工事完了しました。

  • 2016.02.25 Thursday
  • 20:22
036.JPG


035.JPG


028.JPG


026.JPG


002.JPG


004.JPG

階段施工中。

  • 2016.02.24 Wednesday
  • 07:15
吹き抜けホール部分に階段を作ります。

既製品では意匠的に合わないので、材料から段取りします。

踊り場は骨組みから

踏み板 けこみ板は楠の板木から



003.JPG


012.JPG


017.JPG


005.JPG


004.JPG


008.JPG


007.JPG

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM